結婚指輪の意味とは?

よりよい結婚指輪お助けマンのメインイメージ

結婚指輪の意味とは?

既に結婚していて結婚指輪をはめている人も、これから結婚をするので結婚指輪を探している途中の人も、結婚指輪の意味まで知っている人はほとんどいないと思います。

特に結婚指輪の意味を知らなくても不都合はありませんが、意味を知っておけば夫婦の絆も深まるかもしれません。

国や時代により考え方も変わっていますが、結婚指輪は永遠の愛を誓う証として身につけます。

これは西洋文化なので日本には無いものでしたが、戦後少しずつ西洋文化が取り入れられるようになり現在のスタイルになりました。

イギリスでは右手の薬指にはめるのが一般的でしたが、左手の薬指にはめるのも意味があります。

結婚指輪の起源はローマにあると言われており、心臓がある左手薬指にはめる事が、永遠というアピールになる事から結婚指輪は左手の薬指にはめるという習わしが定着しました。

その昔は男性から女性に金の指輪を、女性から男性には鉄の指輪を贈っていたとされています。

金は色褪せる事はありませんが、鉄は錆びてしまうので、今は使われていません。

現在は夫婦で同じ素材、同じデザインの結婚指輪が主流となっています。

なんとなく結婚したら結婚指輪をはめると思っていた人も、意味を知れば少しだけ見方も変わるかもしれませんね。

毎日のように身に付ける物となりますので、ふたりで話し合いお気に入りのデザインを見つけてください。

結婚指輪は既製品の方が数も多いのですが、オーダーメイドでも作る事ができます。

Copyright よりよい結婚指輪お助けマン. All Rights Reserved.