日本人が好む結婚指輪

よりよい結婚指輪お助けマンのメインイメージ

日本人が好む結婚指輪

結婚指輪の歴史を振り返ってみると、日本は戦後、洋服を着るなど西洋の文化が生活に取り入れられる様になってからのことなので、あまり長い歴史ではないのですが、やはりその国に好まれやすい傾向というのはあるもので、日本人が好む結婚指輪にも特徴があります。

結婚指輪に使用される素材ですが、日本では最近ではゴールドも選ばれる様になってきていますが、プラチナが断然人気があります。

結婚指輪をしている人をパッと見てもプラチナの指輪をしている人が多く見られるのではないかと思います。

アクセサリに詳しくない人はプラチナではなくてはいけないと思っている人もいるのではないでしょうか。

そうです。

日本では確実にプラチナが人気で、結婚指輪の種類としてもプラチナ素材が圧倒的に数があります。

しかし、アメリカ、中国、インド、アフリカなど多くの国ではゴールドの結婚指輪が人気です。

確かに外国人でプラチナの結婚指輪をしている人は少ない印象があります。

これはなぜかといえば、まずは日本において、プラチナという素材が求めやすいということも理由の一つでしょう。

プラチナは金属の中でも高級品であり、日本ではそれを選ぶステータスというのも関係しています。

ゴールドの結婚指輪だと、お金がなかったの?なんて言われてしまうこともあったとか。

バブルの時代は婚約指輪や結婚指輪をどんなものにするかということに注目が集まったりしたので、結果最も高級なプラチナの人気が高まったのではないでしょうか。

また、日本人の肌にはゴールドのぴかぴかよりプラチナのしっとりした輝きの方があっているという見た目の印象も大きく関係していると思います。

Copyright よりよい結婚指輪お助けマン. All Rights Reserved.