手作り結婚指輪のメリットとデメリット

よりよい結婚指輪お助けマンのメインイメージ

手作り結婚指輪のメリットとデメリット

気にいった結婚指輪にしたいけれど、あまり予算が掛けられない、予算内だとなかなか思うデザインの結婚指輪が見つからないという場合、手作り結婚指輪がおすすめです。

手作り結婚指輪というのは、オーダーメイドするということで、もちろん専門の職人さんと話しながら作っていくので難しいことはありません。

周りに手作り結婚指輪にしたことがない人がいると戸惑ってしまう人もいるかもしれませんが、実際に手作りするのはどうなのでしょうか?

まずは、手作り結婚指輪にした場合のメリットについて考えてみましょう。

手作り結婚指輪の場合、予算に合わせて作り始めることができるので、無理なく自分好みのデザインにすることができます。

結婚する時には何かと出費も多く、結婚指輪にどうしても予算が回せないという時には助かります。

また、手作り結婚指輪にするということは、カップルで話しあい、ゼロから作り上げていくということもあって、これから始める結婚生活で身につける指輪としてはぴったり。

いつまでも忘れられない思い出の指輪となることでしょう。

フルオーダーで仕上げた結婚指輪であれば、世界で一つしかないデザインでもあります。

では、手作り結婚指輪にした場合のデメリットにはどんなことがあるのでしょうか?手作り結婚指輪の場合は、時間がかかるということです。

既製品を購入する場合は、サイズ直しや刻印加工をする程度なので、長くても二週間程度の時間となりますが、手作り結婚指輪の場合は、デザインが決まらなければその分時間がかかるし、明確な時間が出すことができません。

余裕をもって作り始める必要があります。

また、結婚前の忙しい時期にお店に足を運ぶ必要があるなど面倒もかかります。

時間があまり取れないという人にはおすすめではないでしょう。

Copyright よりよい結婚指輪お助けマン. All Rights Reserved.