世界の結婚指輪

よりよい結婚指輪お助けマンのメインイメージ

世界の結婚指輪

結婚したら結婚指輪をはめるというのは、日本だけにとどまらず世界中でも定番となっています。

イメージとしてはゴールドかプラチナの平型が主流ですが、カーブしているデザインや、少し幅が広めの物などシンプルでも形が違うと印象も変わってきます。

世界の結婚指輪事情をチェックしてみましょう。

海外セレブは婚約指輪が注目されがちですが、結婚指輪にもこだわりを持っている傾向があります。

大抵は超高級ブランドの婚約指輪を選びますので、同じブランドで結婚指輪も選ぶという流れですが、中には婚約指輪も結婚指輪も男性がデザインするという場合もあります。

もちろんオリジナルデザインなので、世界にたった一つしかない指輪となり価値も跳ね上がります。

結婚指輪をするのはごく自然な事で、日本ではプラチナが好まれますが、海外ではゴールドが好まれる傾向があります。

もちろん好みは人により違いますので、日本でもゴールドを選ぶ人はいますし、海外でも結婚指輪にはプラチナを選ぶ人もいます。

特に決まりはないので、自分の好きな地金やデザインを選ぶのが一番です。

急ぎ婚のような場合はゆっくり指輪選びをする時間がないので、その時お店にありサイズが合う物に決めてしまうという事もあるでしょう。

それでも身につけているうちに愛着がわけばそのまま付けていても全く問題ありません。

ただし結婚の誓いの証という事や、毎日身に付けるので色あせしやすいシルバーやホワイトゴールドは不向きだと言われています。

Copyright よりよい結婚指輪お助けマン. All Rights Reserved.